セフレ

落ちついた相手を求めて、大分で見つけたセフレと大人の関係

大分県日田市在住 O.Kさん(53歳)

自分では若いつもりだったのに、気がついたら50歳も越えて3年が経過していました。年齢を重ねていくことは仕方がないことなのですが、年齢だけはどうしようもありませんが、何となく少しショックです。それでも、女性に対する興味は尽きません。この年になって、二つ年上の妻とは家ではほとんどしなくなっています。

もちろん職場の女性には多少は興味はありますが、今の時代ですから、ヘタに声をかけたり、誘ったりしたらすぐにセクハラになってしまいますし、こんなことをしていると結局、女性とは縁遠くなりつつあります。それが、ますます自分としてはショックなのかもしれません。こんなことをしていると気持ちも体も老けさせてしまうことになりますから、それではいけないと思っています。

そのためには結局、出会い系サイトで相手を探すことになりました。ただ、もう年齢も年齢ですから、若い人みたいに焦ってガツガツする必要はありません。というより、そんな態度を示していては引かれてしまいますから、それなりに余裕を示してメッセージを送りました。「慌てないで、落ち着いた感じでいろいろ話をしながら、メールで話しながらお互いを理解していっていい関係になっていかれるような、そんな出会いが出来る人がいたらいいなと思っています。ある程度の年齢でも構いませんから、落ちついた関係に、興味を持って下さる人がいれば、と思っています」ということを書き込んでみました。

どんな反応があるものなのかなと思っていたのですが、「バツイチになって、この年で恥ずかしいんですけれども、少し寂しい思いもしています。もちろん、身体の関係もありですが、落ちついていい時間を過ごせる素敵な人がいればと思っていたのですけれども、そんな相手に恵まれたような気がしています」ということを伝えてきてくれた50歳の女性から返事が来ました。

私はすぐに、「お互いのことを、会って話をして、話が合ったら、その先を考えましょう。熟年同士ですし、ちょっと、ビールを飲みながら、とか、そんな感じでもいいと思います」という返事を返しました。そしたすぐに、相手の女性から、「会っていろいろお話してみたくなりました。いろんな話が出来そうな気がしていますから、今から楽しみです。久しぶりの男性と会うので、今からドキドキしています」ということで、デートの約束をしました。