セフレ

心も体も癒してくれた新潟のセフレは、割り切りだけど快感

新潟県糸魚川市在住 U.Hさん(37歳)

離婚してから3年が過ぎてしまいました。結婚そのものには、あまり執着はありませんけれども、日々の生活で気持ちや身体を癒してくれる相手は欲しいというのが本音です。恋人という存在ではなくても、お互いに割り切って会ってでもいいですから、その時だけはホッとできるような、そんな関係を求めていました。

セックスに関してだけいえば、そのパートナーというかは、それはセフレという関係でもまったく構わないと思っていました。そういう相手であれば、セフレを求めているという出会いサイトから探してみるのがもっとも効率がいいだろうと思いました。

掲示板に書かれているメッセージを読んでいくと、女性も、「割り切りで会える方を募集しています。家庭のことや細かいことは詮索しないで、会っている時間だけでも、快楽だけを求めあいませんか」というものがありましたから、私としてもすぐに、「お互いに深入りはしないで、その時だけの快楽を求めあうという関係も悪くないと思います」ということを返してみました。

すぐに、「いいですね。割り切りだからこそ、エッチの時はより快感が欲しいのよね。だから、その時には思い切り愛し合うことが出来る関係を求めています。きっと、大丈夫そうな感じがしているけど」という返事がすぐに戻ってきましたから、ボクとしても、そんな風に思っている相手の方が気楽に会えるだろうという気がしています。

こうして、会うことになったのですが、会う条件が整って、待ち合わせ場所に行きました。最初から、割り切った関係として、セックスだけの相手ということですから、会ってすぐに目くばせして、どちらから誘うということでもなくラブホテルへ直行しました。お互いその気になっていたので、最初から燃えまくりで、いい感じのセックスに集中できて、相手の求めていたように、その時には思い切り愛し合うことができました。