セフレ

お互いにカラダの関係を求めあえた、長崎の女は素敵なセフレ

長崎県島原市在住 N.Hさん(46歳)

この年になってくると、女房以外の女とするということは、正直なところ風俗以外では経験がありませんでした。それに、女房とも今では、積極的にしたい気分になれなくなってしまっているのも本音です。それでも、私としては、女性には興味があるし、機会があれば、いい女としたいというのは当然です。

ただ、普通に生活している私にとって、そんなに簡単に、普通に女性と出会えることなんていうのは、あまりあり得ないことで、そんな機会はないものだという気になっていました。結局、それでも、女性のカラダが欲しい時は、風俗に頼るか、情けない話ですが自分でするしかなくなってしまうのです。

ところが、出会い系サイトを上手に利用してみれば、いい出会いはあるものだということを聞いて、それを信じて、セフレ出会い掲示板に行ってみました。掲示板を覗いてみると、さまざまな年齢幅の女性が、いろんな形で出会いを求めていることを知って驚いたのですが、考えてみれば、セフレ掲示板ですから、彼女たちはすべてセックスの相手を求めているのです。そう思うと気が楽になりました。

「このところは、とても寂しい思いをしているんです。まだまだ、女を捨てていないのに、夫と別れてもう数年を経てしまって、男の人のぬくもりが欲しいと思うようになってきました。私の、そんな疼きを受け止めてくれる人を求めています」という、39歳という女性にメールをして、何度かメールを交換する間柄になれました。

お互いに、徐々にエッチに関する話題にも近づいていきながら、写メも送って、お互いのことを確認しました。そうしているうちに、「やっぱり、メールだけじゃなくて会って話がしたいし、カラダはもっと寂しいんです。お互いに無理のない範囲で会いませんか」ということになりました。

もちろん、私としてはそれを望んでいたのですから、拒否する理由はありません。すぐに待ち合わせの場所と時間を決めて実際に会うことかできました。