セフレ

好奇心から見つけた京都のセフレは、とてもエッチな女性だった

京都府綾部市在住 I.Eさん(26歳)

出会いサイトで不倫相手を募集したいと思ったのは、やっぱり好奇心があったからでした。それに、セフレ掲示板ということですから、相手も割り切ってセックスを前提として会ってもらえる可能性が高いと思ったからでした。その掲示板を見ていたら、「セックスは、どんな状況であっても、快感が伴わなくてはいけないと思います。どなたか純粋にそんなセックスを楽しんでくれる人いませんか。1度だけの関係でもいいんです。割り切って、会って、私に快感を与えてくれるような人、そんな相手を求めています。既婚者ですけれども、よろしくね」という、33歳の女性からのメッセージがありました。

まさに、セックスで快感だけを求めているだけの女性ということで、こういう人ならば出会えいやすいだろうと思いました。「私でよければ、体を満たす相手としてください。私はまだ一人身で、年下ですけれども割り切った関係で、細かいことは聞かないということでいいです。お互い秘密厳守ということです」ということを伝えました。

すぐに相手から返事が返ってきました。「実は、夫はまったくセックスで快感を与えてくれません。だから、ここで快感を与えてくれる相手を募集してみたの。期待しているわよ、今から楽しみですね」ということを伝えてきました。

こうして、すぐに会う約束をしました。彼女は、「私の方がだいぶ年上だし、もし引かれちゃって、すっぽかされないかなという心配もあったんです。だから、ちょっと早く来て男の人を一人ずつチェックしていたんです。周りから見たら変な女だと思われていたかもしれないわね」ということを言いながら、彼女と歩きはじめましたが、肩を並べて歩いているだけで、ボクの胸は高まってドキドキしてきてしましました。

ホテルでは、果たして本当に彼女に快感を与えられたのでしょうか。彼女は、「ありがとう」と言ってくれましたけれど…。