セフレ

家庭を壊さない程度に会えるセフレが福島にいた

福島県二本松市在住 Y.Yさん(41歳)

家庭としては、自分ではそれなりに維持しているのですが、正直なところ、妻との夜の生活に関しては、不満だらけになっています。もう、何年もお互い夫婦としての営みがなくなっているからです。もちろん、私としては、いつでもしたいという気持ちはあるのですが、妻がまったく積極的になってくれないんです。だから仕方がないから、セックスに関しては外で相手を探したいと思っていました。

健康な男子ですから、それは当然のことだと思っています。もっとも、かといってすぐに、若い子が相手として見つかるのかというと、そうはいかないのが現実です。そこで、出会いサイトで相手を探してみました。とくに、セフレを募集しているというサイトがあるので、そこから探すことにしました。

もし、いい相手と出会えたのであれば、お互いが許せる範囲である程度関係が継続できる方がいいなと思っていました。「一度限りの快楽を求める、行きずりの関係も刺激的で悪くはないと思っていますが、出来たらちょっと永く付き合えるような関係を希望しています。そんな相手になっていただける人はいませんか」という女性がいました。

私は、「実は、私もこういう出会いの場ですが、相性が良ければ、少し長く付き合って、都合のいい時に会える、いい感じのセフレを求めていましたから、あなたの考え方に同意できると思います」ということを伝えました。すると、相手もそんな私に興味を持ってくれたのか、「見た目としては普通のおばさんですけれど、スタイルとかには気を使っていますから、一緒にいてそんなに恥ずかしい思いをさせないと思いますし、人からはよく、一緒にいると癒される感じがあっていいよ、なんていうことも言われるんです。そんな私です」という返事が返ってきました。

こうして会うことになったのですが、待ち合わせ場所に現れたのは、容姿は普通の感じでしたが、落ちついていい雰囲気の女性が待っていてくれました。その話し方や佇まいも落ち着いていました。そうしたどこにでもいる女性っぽさが、却って私の気持ちを欲情させてくれたのはもちろんでした。